PLAY!GARAGEコンセプト

cropped-sekai_wo_hirogeru-e1414122333817.jpg

Study⇄Work×People=Play!

勉強って好きですか?

「好き!」っていうやつ「ほんとかよ!?」って思う人も多いかも。

ある学生が「社会にでたら人生終わりだと思ってた」といってました。

仕事ってつまらないって思ってる人たちは、大人も学生も少なからずいます。

でも例えば、 スポーツを上手くなりたいって思って、一生懸命練習したり、プロの試合みたりしたことないですか?

海外に行って、英語学んでおけばもっと楽しめたのに、って思ったことないですか?

ゲームをしてて、もっと強くなりたくてネットで検索したことないですか?

ある曲がひけるようになりたくて、何度も練習したり、教本買ったりしたことないですか?

些細なことでも、 何かが上手くなることはたのしい。 何かに詳しくなることはたのしい。 新しく何かが出来るようになることはたのしい。

学生時代はとにかく学び、社会に出るととにかく働く。

なぜだか、日本では「インプット」と「アウトプット」がバラバラにやることになってるように見えます。 だけれど、本当は連動してるもので、だから楽しいのに、っていつも思います。

もちろん、やり続けることってしんどいこともあるけれど、それはいずれ力となり自信となる。 そうやってできるようになったことで、「世の中」の誰かの役に立ったり、作った物を使ってくれたり、少しだけ何かを良い方向に変えることが出来たとしたら、ちょっとワクワクしませんか?

そしてさらに、「仲間」がいれば、辛いこともがんばれて、それもまたいい思い出になる。

Play!GARAGE!

ぼくらは無限の可能性をもっている。 GARAGEで「一緒に」なにかをしよう。

GARAGEアクティビティのポイント

◆多彩な社会人、企業が支援!

GARAGEのアクティビティは、様々な社会人や企業が支援してくれています。その質はもちろん、沢山の出会いがあるアクティビティです。

◆実際にやってみよう!

とりあえずやらなきゃ楽しさなんてわからない。 GARAGEでは、実践の為のワークスペースから、ワークショップからインターンシップチャレンジできる多彩なアクティビティがあります。

◆上手くなろう!

初めてのことってどうやっていいかわからない。ちょっとした段差を埋められるアクティビティ。 その次は社会人や企業などその道のプロから学んでみる。上手くなって初めて楽しめる。リアルな実践があります。

◆年齢もポジションも関係ない!

世の中のイベントは、エラい人がやることがおおいけど、本当に良いものや、今の自分にあっているものを、その人が提供してくれるとは限らない。 教えると教わるってそもそも分かれているものなの?年齢もポジションも関係ない。主催側に回ったり自分で開催することも可能です。