こんにちは!GARAGE WASEDAでインターンをしているホッシーです!  先日、2月1日(金)に「社会人ぶっちゃけナイト」が開催されました!今回が、記念すべき10回目、、、

テーマはSE(システムエンジニア)職という理系の職種についてのイベントとなりました。

ところでみなさん!「社会人ぶっちゃけナイト」と聞いてなんじゃそりゃ?と思う人も多いのではないでしょうか!!?? 

「業界で活躍する社会人の方をお招きし、 普段の説明会では聞けないような仕事のぶっちゃけた話を聞くことで、仕事に対する本当の意味での大変さややりがいを理解するイベント」です。

また、採用とは一切関係ないので、企業の合同説明会やインターンではできないような質問ができるイベントです。

今回は、SE(システムエンジニア)の御二方にご登壇して頂きました。

<登壇者プロフィール>

田端 真由美さん    

1994年日本アイ・ビー・エム株式会社へSEとして入社。 金融インダストリー事業・ソリューショニング推進 や 先進テクノロジー&アーキテクチャー のマネージャーを務め、現在は、IBM Distinguished Engineer (技術理事)先進技術・自動化ソリューション統括部門をリード。

春川 雄杜さん

2017年株式会社ユニオンテクノロジー入社。一年目として、アソシエイツシステムエンジニアに所属。

ここからは、イベント当日の様子をお伝えしていこういと思います!

イベントスタート

まず、参加者のほとんどが男性という暑苦しい雰囲気でイベントが始まりました。エアコンの温度を少し下げると同時に緊張感が、、、、      そこで、ゲストの御二方を交えてアイスブレイクを行いました。

すると、一気に場が和みゲストの方との距離感がグッと縮んで参加者とゲストの方との緊張感もほぐれました。一番緊張していたのはMCの私でした笑

ここから本題のSE職についてです!

まずは、職種説明です

ここでは、実際にSEとしての長い経験をお持ちの田端さんに説明をして頂きました。ITシステムの構造について『レインボーブリッジ』『東京ゲートブリッジ』を例として、参加者にわかりやすく説明してくださいました。ITと聞くと少し難しく捉えがちですが、身近な橋と同じで建築的な要素がSEにはあるということがわかりました!

続いて、テーマトーク!!

ここでは、4つのテーマについてお話しして頂きました。

①SE(システムエンジニア)・PG(プログラマ)としての就職について

春川さん:『そんな辛いことはない』

理系、文系関係ないと思います。ものを考えられるかどうかが辛いと感じる差なのかなと思います。

田端さん:『3日帰れないこともあります(笑)』

時期にもよるのですが、銀行のシステムを担当していた時は、システムが止まると大惨事になるので、問題が起きたら何が何でも見つけて直さなきゃいけないです。そんな時は帰れないですね。

MC:「どういった人が新卒で入って来るんですか?」

田端さん:『文系理系比は半々で、最近は女子の方が多いですね』

これに関しては、驚きでした!!!!

②SE・PGの働き方

MC:「休日ってあまりないですか?」

春川さん:『普通に休日ありますよ!』

周りの人たちはジムとかに行ってて、結構体に気を使っている人が多いです(笑)

MC:「飲み会とかってあるんですか?」

田端さん:『飲み会ありますよ!』

仕事はチームで行うので、チームで飲みに行ったりとか、昔のチームで久しぶりに飲んだりとか、お客さんとも飲んだりしますね!

休日も取れて、昔のチームで飲みに行くなど会社内外で仲のよい関係が築けているのってとても素敵だなと感じました!

③SE・PGの魅力

春川さん:『自分が行ったことが良い意味でも悪い意味でも必ず残る』

自分が社会に出た何か成し遂げたなっていう達成感は得られますね!

田端さん:『社会を変えることができる』

コンビニにATMができたのってすごく最近のことで、そういうのって私たちが関わるもので、すごく便利ですよね。そういうあったら便利なものを作って新聞などに取り上げられた時は、ものすごく嬉しいです。

これからもさらに成長していく市場だからこそ、影響力もあるので、お二人の考え方にはとても圧巻でした!

④今後のキャリアについて

春川さん:『プロジェクトのリーダーになる』

まだ一年目で、色々なプロジェクトのリーダーの人と関わって自分もそういう立場にたってうまくチームを回していきたいと考えてますね。

田端さん:『皆さんみたいな人たちを育てていきたい』

今は技術系の役員ですが、技術系の役職のトップの方にはノーベル賞を取った方もいるんです。そうでない場合には、経営者としての道もあって、それもいいんですけど、私は、どっか技術者でいたい気持ちがあって、ものづくりに関わっていきたいんです。

自由質問

ここからは、MCとゲストの方とのやり取りではなく、参加者のみなさんとゲストの方とのトークの時間を設けました!ここでも、様々な面白い話がありました!

参加者:「必要な力や向いている人ってどういう人ですか?」

春川さん:『傲慢な人ですね(笑)』

楽しめる人や自分でどうにかしようという気持ちがある人ですね

田端さん:『人の話を聞ける人』

何をその人(お客さん)が望んでいるかを理解していないと、押し付けになってしまいます。その人が本当に望んでいるのかを理解する必要がありますね。そういう力ってとても必要だなと感じます。

参加者:「今、自慢できることってありますか?」

春川さん:『今、関わっているシステムです』

昔の建築システムを改善したのが、自慢できることですかね。こういったシステムもずっと今後残っていくものですから、自慢できますね(笑)

田端さん:『人工知能のチャットボットです。』

航空会社のハワイのキャンペーンで作ったものです。様々な技術を盛り込んだものになっています。

参加者:「これからSE・PGってどうなっていくとお考えですか?」

春川さん:『世界を作っていく』

田端さん:『身近なものにもっとなっていく』

AIブームもきていて、スマホもここ10年で広まりましたよね。まだ、さらに発展すると思うし、今では、学校でプログラミングを習うようになってきています。もっと、SE・PGという特殊な見方ではなく、普通の人が関わるようになりますね。

参加者:「SEの人ってプログラムを書くんですか?」

春川さん:『PGは書きますが、、、』

ゼロから書くのではなく、今では本やネットからコードを拾ってそれを組み合わせて書いています。すぐ忘れちゃいますし(笑)でも、それなりに勉強しないとうまくいかないですね。

田端さん:『SEはあまり書かないです』

プログラマが足りない時は書いたりします。

まだ質問したりないことがたくさんありましたが、時間が来てしまい終了しました。

最後に、私の方から質問を1つさせていただきました!

『働く』とは?

春川さん:『働くとはお金です』

でも、稼ぐために働くのは違う!自分のために働く!きちんとやれば、成果が出てそれが自分にとって嬉しいから、働きますね!

田端さん:『生活の一部』

社会の一員として役に立っていると思っています。自己実現だったり、やりがい、社会に貢献できているという実感を得られることです。

御二方の働くに対する考えにはとても納得でした。自分のために働きその結果社会のためになることが一番だなと思いました!

トーク形式を終了してここからは懇親会になります!

懇親会スタート!

私の『お疲れ様でした!カンパ〜イ』とともに、懇親会が始まりました! 終始、会話と笑いが絶えない時間でした!

ゲストの方と参加者のみなさんでお酒を片手に、本編では聞けなかったさらにぶっちゃけた話を聞いたり、就活生の悩み相談をしてもらったり普段の会社説明会やインターンでは味わえない時間でした。

私個人的には、専門的な人工知能の話から恋愛話までとても距離感の近い会話をすることができました(笑)

最後に、イベントに来ていただいた参加者の声をまとめたのでみていただければなと思います!

<参加者の声>

●SE/PGの面白さが世界が作れるだったり、社会的に大きな価値があるということはとても惹かれたし、聞けてよかったなと思いました。

●具体的な事例を用いて話してくれたのでわかりやすく、聞いてて楽しかった。

●SE、PGの名前は知っていても、実際にやっていること、魅力を知れたことが良かった。

などなど、参加者もSE・PGに対しての疑問や不安を解消でき、職種の理解を深めることができたのではと思います。

改めまして、ゲストの御二方、参加者のみなさま、イベントに参加してくださり、本当にありがとうございました!

そして、緊張していた私を暖かく見守り、サポートしてくれてありがとうございました!

GARAGE WASEDAではこれからも、このような仕事に対する理解を深めることができるイベントや就活対策を行なっていきます!

ぜひ、GARAGE WASEDA facebookでチェックしてみてください!

また、Facebook以外からのお申し込みはこちら

LINE@での追加でイベント情報や就活情報をチェックできます↓

Instagramでは普段のGARAGEの様子がのぞけます↓

このイベントの主催者

星出康平