こんにちは。助田です。

今日はGARAGEで行われている就活イベントの一部をご紹介します!

15卒向け 内定直結!ワークショップ型マッチングイベント

内定直結もありのマッチングイベントです

企業人事とのコラボなので、ワークを通じていい子がいれば、その場で、いや、なるはやで内定に近づくチャンスなんすよ。

ワークショップ中のあなたを評価し、超具体的フィードバックをお返しします

自分のどの部分が評価されて、評価されないんだろう。って、自分じゃない誰かから、フィードバックを受けないとなかなかわからない。で、その誰かが実際の人事の方であり、1000人以上学生の面接をしているプロであったら、尚良いよね(´ー`)y-~~

ワークショップのテーマは「新規事業企画」

社会に出て、企画ってみんなやりたいでしょ?会社は事業というフレームで成り立っているので、事業として企画がどうやって実現して、どうやって成り立っているのか知らないと企画は実現しないよ。今のうちにシミュレーションしておこうよ(´ー`)y-~~

今回は、いま溢れ出す想いを届けるヤマトシステム株式会社とのコラボで、新規事業のワークショップを行ってみました。のでレポート。

ヤマトって言えば・・

ヤマトと言えば、「宅急便」、「クロネコ」、「TOKIO」という印象かと思いますが、グループ全体として「事業を100個つくる!」という目標を元に、盤石なる経営資源をベースに、分野問わず新しい事業を創って行く方針だそうです。

そこで、ヤマトの現在の強み、課題、そしてアセットなどの情報を元に、学生が新規事業を考えるワークショップを実施しました。

さて、どんな内容?

ヤマトシステム開発の方からのオリエンテーション

・ヤマトグループ全体の方向性とか
・ヤマトグループが持っている強みとか
・ヤマトグループが持っているアセットとか

イノセンティブ辻井が新規事業についてちょこっとインストール

・事業ってこうなんだよ、とか。
・事業計画で大事なことはこうなんだよ、とか。
・さあ、ワークやってみよう!

チームごとにヤマトで行う新規事業をブレスト!

・自由発想でブレーンストーミング!
・自分のチームのベストアンサーを決める!
・他のチームのベストアンサーを決める!
・ビジネスモデルキャンパスに添って、ディスカッションを進める!

そしてプレゼンテーション!

・ビジネスモデルキャンパスにまとめた内容をプレゼンテーション!
・発表者を決めるとか、他の役割と決めるとか。
・全員で発表するとか。

そして、もっと積極的にいったらいいよ、とか、プレゼンはもっとこうした方がわかりやすいよ、とか、ワークを通じての評価をイノセンティブから個別にお返しするよ。そう。参加者全員にね。

すごい。企業の印象が変わったよ。

今回、一番興味深いポイントは、参加学生に事前に聞いた企業の印象の変化。変化こそ価値。が、GARAGEでの価値でもあります。

GARAGEの雰囲気はフランクでフラットでもあり、対話で進めるワークショップなので、ナビや合同説明会だけでは伝えきれない事実を正確に伝えることが出来ますよね。正確にPRも可能です。これは企業人事にとっては、とてもナイスなソリューションなんじゃないでしょうか。

ご興味お持ちの企業の方はこちらからご連絡を!

事前に「ヤマトシステム開発」の印象を聞いてみた。

・地味で安定な職業。親は喜ぶだろうなーって感じ。
・運送系の関連会社かと思っていた。
・クロネコヤマトの宅急便が頭に浮かびました。
・ヤマトのシステム開発のみをやっていると思っていた
・運送システムを作っている会社だと思った
・ICTシステムに関することのみを扱うイメージ。
・事業創出などは積極的ではないと思っていた。
・「宅急便」のイメージが強かったです。

ワークに参加してもう一回「ヤマトシステム開発」の印象を聞いてみた。

・色々なことに挑戦しようする会社と思った。
・ビッグデータをいかに活用するかということが,時代においても重要視されている時に,新しい価値感を積極的に取り込もうとしていることが素晴らしいと感じました.
・物流を持っている強みを改めて認識した
・僕の場合は以前から知っていたが、それでも規模の大きさ、安定かつ前向きな感じを受けた。
・物を運ぶだけでなく、人、情報色々なものを考え生活をも考えていたことです。
・社内の風通しが良さそうで、若くても、手を挙げたら採用してくれる可能性が高い、柔軟な会社のイメージがつきました。
・生活の上でのシステム全体を担っていて、仕事ととしてとてもやりがいのある仕事なんだろうと思った。
・もともと知らなかったので新しいシステムを開発するという目標を持ったアツい企業という印象を持ちました。
・ヤマトのシステム開発のみをやっていると思っていたが半分以上が他で利益を上げているとは知らなかった
・グループ全体で100の事業を作ろうとしているという新規事業に力を入れているとは思わなかった。
・クリエイティブな仕事をしていると変わった。
・グローバルになりつつある印象を受けました.
・従来の枠組みにとらわれず、前のめりなイメージに変わった。
・「IT」のイメージが強くなりました。
・物流以外にも色々なことに挑戦しビジネスチャンスを広げようとする会社だと思いました。

そしてワークショップどうだった?の感想も聞いてみた。

・事業創出というテーマに限られた時間の中取り組むことで、実際にビジネスを考えるとはどういうことかを少し体感できたと思う。(特に時間に対する意識など)
・1日を通して、企画という仕事を体感し、勉強する事が出来たのでとても良かった。
・企画に対して少し苦手意識が薄まりました。じっくりこういうイベントに出て見るのも良いなと思いました。
・真剣に企画して見てとても楽しかった。
・企画で必要なことを学べて、ワークショップができよかったです。
・辻井さんの企画説明が非常にためになりました.あのスライドが欲しいと感じました.
・やっぱりガレージは良いですね!

うおお!!!行けば良かった。。orz…

と思った方は、好評で第二弾も企画しています!

参加はこちらから

【1/18(土)開催】15卒向け 内定直結!ワークショップ型マッチングイベント

ぜひ、ぽちっと申請してみてください!

そして、今後こんなイベントに参加したいよ、とか、就活に活かす情報をもっと欲しいよ、って15卒はぜひこの機会に噂のGARAGE就活コミュニティにご参加ください!

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇クリック(怪しい?怪しくない!)⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

このイベントの主催者

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事 東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、大手電子機器メーカーのコンサルティングファームに所属。シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。